忍者ブログ
ゲームCGを学べる名古屋の専門学校 名古屋工学院専門学校の教員によるブログ。 学校のことからゲーム開発の裏側まで、幅広く書きます。 ゲーム好きには読む価値あり!
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ワタシが画学生だった頃、ハンス・ベルメールや四谷シモン、天野可淡

    など、創作人形作家の作品を好んでよく見ました。そのシュールで不思議

    な魅力はなんとなく暗く、見てはいけない世界を覗いてしまうような独特

    の雰囲気がありました。最近のアニメキャラやそのフィギュアはこれとは

    また異なる明るい魅力をもっています。

    ベルメールが日本で紹介されて広まった球体関節人形ですが、21世紀に

    なった今では簡単に素人の個人が購入し、自分好みに髪型や眼の色、顔の

    特徴、衣装に靴、アクセサリーなどを組合せ、世界で1つ、自分だけのオ

    リジナルドールを持てるようになりました。ワタシも学生に勧められて

    “VOLKS”(ボークス)のショールームを訪ねました。リアルに作られた

    いろんな姿のお人形さんたちがあちこちでポーズをとっています。「こりゃ

    ~ハマるわぁ~!」というのがワタシの印象。中でも身長が約55cm

    あるものはスーパードルフィーと呼ばれています。店員さんとお話しして

    いて驚いたのは、購入者は“オーナー”、受け取る日は“納品”ではなく、

    “お迎えの日”と呼ばれ、“お迎えセレモニー”というイヴェントも用意

    されているとか。こりゃ~数十年後は知能も装備され、会話ぐらいはで

    きてしまうスーパーアンドロイドルフィーを“お迎え”する日も近いかも

    しれない!?(ニ)


     

    PR
    ロボット HOME クリスマスとお正月
    Copyright © ゲームCG専門学校 名古屋工学院専門学校 All Rights Reserved
    無料ブログ / 不妊対策 / 在宅副業 / 忍者ブログ/[PR]