忍者ブログ
ゲームCGを学べる名古屋の専門学校 名古屋工学院専門学校の教員によるブログ。 学校のことからゲーム開発の裏側まで、幅広く書きます。 ゲーム好きには読む価値あり!
2018 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    初めて手にした頃のPCは「ワクワクの詰まった箱」でした。
    こちらの未熟さとパソコンの素朴さがあいまって、
    実用性という点では笑うしかないようなものでしたが、
    とにかく使うのが楽しくてしょうがなかったのです。
    近頃はどちらも進歩してしまい、
    そういう感動もなくしてしまいました。
    でも最近、ずいぶん久しぶりに
    同じようなワクワク感を味わっています。
    iPad2を使い出しているからです。

    今さら説明の必要もないと思いますが、
    iPadはアップルのタブレットコンピュータです。
    10インチのタッチパネルを持ち、直感的な操作で扱えます。
    また、WiFiや3G回線でインターネットに接続でき、
    ウェブブラウズや動画の視聴などもできます。

    では、何がそんなにいいのでしょうか。
    まず、ネット時代の端末として、実に優秀な装置です。
    また、とても便利で気持ちのいい道具です。
    でも、いくら優秀で便利でも、
    それだけではワクワクはしてきませんね。
    実は私は、iPhoneもMacBook Airも持っていて、
    そういうレベルの便利さなら、とうに体験済みでした。
    思うに、「新しい世界」をかいま見せてくれること、
    これこそがワクワクの源泉なのだと思うのです。

    iPadの物理的な特徴は、実は全て一つの目的に直結しています。
    「どこにでも持ち込めて、いつでも使える」ということ。
    軽くてコンパクトで、どこにでも持って行けます。
    瞬間的に起動しますし、いつでもネットに繋がります。
    キーボードやマウスなどの外部機器は要りません。
    また、コンパクトといっても、必要性を犠牲にしていないところが重要。
    10インチの画面は大きすぎず小さすぎずで、
    雑誌のページのように扱うことも可能ですし、
    普通にソフトウェアを動かすのにも十分なのです。
    そんな特徴にマッチしたソフトと組み合わされたとき、
    従来とは全く違った機械となって現れます。
    でかくしたiPhoneでも、小さくしたMacでもなく、
    何かの代用品ではなく、iPad以外の何者でもないわけです。

    とはいえひとつ、欠点が。
    それは、防水じゃないということ。
    せっかくの「どこにでも持ち歩ける」という特徴ですから、
    海や山、それにバイクのハンドル近くなど、
    いろんな場所で活かしていきたいのですが、
    現在のような繊細な電子製品のままではそれも無理。
    この点は、「次の技術」に希代ですね。
    (傭兵隊長)
     

    PR
    LOVE&PEACE2011 HOME 本日台風6号により休校
    Copyright © ゲームCG専門学校 名古屋工学院専門学校 All Rights Reserved
    無料ブログ / 不妊対策 / 在宅副業 / 忍者ブログ/[PR]